医学部・獣医学部受験専門予備校のIMU予備校

合格体験記
合格体験記

合格者のメソッド夢・目標に向かって...

合格者のメソッド夢・目標に向かって..

2019年度生 合格体験記

個別・完全個別特訓授業
  • ▼ T君の時間割
  • T君は、大学卒業後に獣医師になることを決心しました。
    しかし、受験から4年以上も遠ざかり、さらに大学での勉強は獣医学部受験には対応してない状態。
    そこで、獣医学部受験専門予備校で学ぼうとIMUに入学しました。1年目は努力及ばず良い結果が出せませんでしたが、入試に手応えを感じ2年目も当校で受験勉強を継続しました。
    1年目で仕上がった生物をベースに数学を徹底的に個別指導で対策したことで成績も安定し、なんと2月の1期入試で北里大学、日本大学、麻布大学、酪農学園大学の4大学に見事に合格!!
    総合的に自分に合った麻布大学へと進学し、即戦力となる獣医師になるべく大学そして病院で勉強そして経験を積んでいます。
  • ▼ Tさんの時間割
  • Tさんは、文系の大学卒業後に獣医受験を開始しました。
    動物関係の仕事に携わる中で、獣医師にしかできない事その必要性を切に感じ獣医師になることを決心したのです。
    ただ、理系科目は不得意で、更に仕事をしながらということもあり、数年計画で受験勉強をするつもりでした。しかし、冬になる頃には生物の科目が安定し、得意な英語と相まって合格圏が見えてきました。中々伸びなかった数学ですが、2科目が安定した分、数学の勉強に集中できたようです。
    そして大学によっては相性が良い時もあり、最終的は酪農学園大学と日本大学に合格。
    両校どちらに入学するか悩みましたが、現在では日本大学に進み、動物保護の観点から勉学に励んでいます。
選抜クラス授業
  • FさんがIMUを選んだ理由は少し変わったものでした。それは、毎回、入試会場で学校長が生徒たちに声掛けし、皆が活き活きと受験に臨んでいる光景が羨ましかったというもの。現役当時は周りには獣医学部受験をする人は少なく、常に不安な状態で入試に向っていたため、浪人したら自分もあの生徒の一人になろうと思ったそうです。
    そういった人間的な部分の支えが必要だったため、定期的な受験相談やBBQパーティーなどのイベントそして獣医学部を目指す仲間たちは、彼女にとってポジティブにいられる絶大な効果となり勉強に集中できました。
    結果、2月の独自入試で第一志望の日本獣医生命科学大学に合格し、今でも当校に顔を見せに来てくれます。
  • U君はIMUに2年通った生徒です。2年間とも選抜クラスで獣医受験対策をしました。
    1年目は真面目にはやっていたのですが、入試になると科目間で波があり、手応えを感じることなく残念な結果に。
    しかし、周りの生徒が次々と合格して行くのを見て諦めきれず再挑戦となりました。自信のなさ、それが彼のウィークポイントだったのですが、前年の努力が実って模試では校内トップになることもあり徐々に自信がついていきました。また、IMU名物のイベントなどにも積極的に参加して、楽しみながら受験勉強をしていたように感じます。
    リラックスした状態で入試本番に臨めたことで実力を発揮。見事、第1期入試で麻布大学に合格しました。
個別・完全個別特訓授業
  • ▼ T君の時間割
  • T君は、大学卒業後に獣医師になることを決心しました。
    しかし、受験から4年以上も遠ざかり、さらに大学での勉強は獣医学部受験には対応してない状態。
    そこで、獣医学部受験専門予備校で学ぼうとIMUに入学しました。1年目は努力及ばず良い結果が出せませんでしたが、入試に手応えを感じ2年目も当校で受験勉強を継続しました。
    1年目で仕上がった生物をベースに数学を徹底的に個別指導で対策したことで成績も安定し、なんと2月の1期入試で北里大学、日本大学、麻布大学、酪農学園大学の4大学に見事に合格!!
    総合的に自分に合った麻布大学へと進学し、即戦力となる獣医師になるべく大学そして病院で勉強そして経験を積んでいます。
  • ▼ Tさんの時間割
  • Tさんは、文系の大学卒業後に獣医受験を開始しました。
    動物関係の仕事に携わる中で、獣医師にしかできない事その必要性を切に感じ獣医師になることを決心したのです。
    ただ、理系科目は不得意で、更に仕事をしながらということもあり、数年計画で受験勉強をするつもりでした。しかし、冬になる頃には生物の科目が安定し、得意な英語と相まって合格圏が見えてきました。中々伸びなかった数学ですが、2科目が安定した分、数学の勉強に集中できたようです。
    そして大学によっては相性が良い時もあり、最終的は酪農学園大学と日本大学に合格。
    両校どちらに入学するか悩みましたが、現在では日本大学に進み、動物保護の観点から勉学に励んでいます。
選抜クラス授業
  • FさんがIMUを選んだ理由は少し変わったものでした。それは、毎回、入試会場で学校長が生徒たちに声掛けし、皆が活き活きと受験に臨んでいる光景が羨ましかったというもの。現役当時は周りには獣医学部受験をする人は少なく、常に不安な状態で入試に向っていたため、浪人したら自分もあの生徒の一人になろうと思ったそうです。
    そういった人間的な部分の支えが必要だったため、定期的な受験相談やBBQパーティーなどのイベントそして獣医学部を目指す仲間たちは、彼女にとってポジティブにいられる絶大な効果となり勉強に集中できました。
    結果、2月の独自入試で第一志望の日本獣医生命科学大学に合格し、今でも当校に顔を見せに来てくれます。
  • U君はIMUに2年通った生徒です。2年間とも選抜クラスで獣医受験対策をしました。
    1年目は真面目にはやっていたのですが、入試になると科目間で波があり、手応えを感じることなく残念な結果に。
    しかし、周りの生徒が次々と合格して行くのを見て諦めきれず再挑戦となりました。自信のなさ、それが彼のウィークポイントだったのですが、前年の努力が実って模試では校内トップになることもあり徐々に自信がついていきました。また、IMU名物のイベントなどにも積極的に参加して、楽しみながら受験勉強をしていたように感じます。
    リラックスした状態で入試本番に臨めたことで実力を発揮。見事、第1期入試で麻布大学に合格しました。
資料請求・進路相談
合格体験記

コース紹介

IMU予備校~医学部受験・獣医学部受験の専門予備校

IMU予備校 アクセス・MAP 【住所】 東京都新宿区西新宿6-6-2
     新宿国際ビル2F
【TEL】03-5323-0200
【FAX】03-5323-0202
【受付時間】9:00~18:00(月~土曜)

IMU予備校~医学部受験・獣医学部受験の専門予備校

  IMU予備校 アクセス・MAP 【住所】 東京都新宿区西新宿6-6-2 新宿国際ビル2F
【TEL】03-5323-0200 / 【FAX】03-5323-0202
【受付時間】9:00~18:00(月~土曜)

医学部を目指す高卒生 獣医学部を目指す高卒生 現役合格を目指す高校生 お問合せ